眉下切開をするなら|腕の良いドクターに任せよう

利用するならこの地域

女性の顔

大阪の美容外科は、全国でも高いレベルの施術が受けられるようです。人口が多く他県からの利用者も多いことから、医師の経験が豊富であることが理由としてあります。また医療機器も続々と導入され、最新の技術に触れられるのです。

More Detail

目元の魅力を守る整形手術

目

たるんだ上まぶたを切除

年をとると、上まぶたがたるんで垂れ下がりやすくなります。すると目をしっかりと開けることが困難になり、その分目は細く見えるようになります。力を加えれば、たるんだ上まぶたは持ち上がりますが、これにより眉毛も一緒に持ち上がります。すると目と眉毛の間が大きく開くことになりますし、さらに額にはシワが寄りやすくなるのです。このように上まぶたがたるむことは、美容面において大きなマイナスと言えます。そのため多くの人が、美容外科で眉下切開を受けています。眉下切開とは、たるんだ上まぶたを眉毛の下で切除するという整形手術です。切除する範囲が大きければ大きいほど、上まぶたは短くなり、その分垂れ下がりにくくなるのです。目はもちろん眉毛も額も守られるという効率の良さから、眉下切開を受ける人はどんどん増えていくと考えられています。

メスは眉毛の下に

眉毛の下にメスを入れるのですから、眉下切開による傷跡は、その部分につくことになります。傷跡は最初は赤色をしていますが、徐々に薄い茶色になっていきます。そして眉毛は通常は黒色なので、赤色や茶色よりも目立ちます。つまりその分傷跡が目立ちにくくなるということですが、このことも眉下切開のメリットのひとつとされています。上まぶたのたるみが除去されても、傷跡が目立つのでは、美容面でかえってマイナスとなることもあります。しかし眉下切開なら、その心配はないわけです。また、傷跡が目立たないということは、整形手術を受けたと人に気付かれる可能性が低いということです。こういった点からも、眉下切開は高く評価されているのです。

ほうれい線の改善に

注射

老け顔に見える原因ともなる、ほうれい線やマリオネットラインの改善に人気があるのが、ヒアルロン酸注射です。しわの溝に注射することで肌にハリを取り戻し、しわを目立たなくさせます。ただ、一時的な治療法で、効果はおよそ半年程度です。効果を持続させるには、継続して施術するひつようがあります。

More Detail

乳房にインプラントを挿入

バスト

乳がんの治療などで乳房を失っても、インプラントを挿入する乳房再建によって、乳房を膨らませることができます。ただし大きなインプラントを挿入するためには、ティッシュエキスパンダーを入れて皮膚を伸ばすという整形手術が必要となります。これは現在では、乳がんの治療中に入れられるようになっています。

More Detail